リピーターとして旅行を満喫する為に

この記事をシェアする
B!

時間の経過を楽しむ

時の流れを感じる

季節の変化を楽しむ以外にも純粋に時間の経過を楽しむという方法で同じ旅行先を満喫することも可能です。
名所であれば改修などを除いてあまり変化が無いと思いますがそこに辿り着くまでの街並みや景色が大幅に変わっていることもしばしばあります。
変化してないところと変化しているところを過去に訪れた際と比較してみると面白い発見があるかもしれません。
有名な名所を巡るのではなくその地域の景色を撮って回る旅というのも今後訪れた時により楽しむ為のコツとも言えるでしょう。

今後も何度も訪れる見込みがあるのであれば定点撮影を何年もかけて行うこともまた楽しさを倍増させる手段の一つ。
時間は非常にかかってしまいますがその地域の歴史を残すことが出来ます。
名所観光と併せて行うと良いですね。

異なる目的を持って

京都や北海道、沖縄は修学旅行の定番ですが修学旅行でそれらの地域へ行くのとプライベートの旅行として行くのはどこか違うものです。
修学旅行は同級生と泊まりがけでの行事でありメインは観光というよりも友人たちと騒ぐことですから名所を巡るというのは二の次。
あまり印象に残っていないという人も多いのではないでしょうか。

修学旅行時に行った地域であっても大人になってから行ってみるとまた違った視点で物事を見ることが出来ますから最低でも二度は楽しめますね。
また修学旅行だと班単位での行動になり、行ける場所も限られてしまいますから当時行けなかったところに行くという点からも再訪するには十分でしょう。
何に重きを置くかで旅行も変わってきます。