同じ旅行先を再度楽しむコツ

リピーターとして旅行を満喫する為に

旅行先のリピーター獲得はなかなか難しい

同じ旅行先、同じスポットで何度も楽しむ為には天候や季節によって外観が変わるような場所が良いですね。 純粋に全ての季節毎に見所が異なるのであれば四回は楽しめる計算になりますし一度で終わらせてしまうのはその地域の良さを潰している為、勿体無い気がします。

外観の変化を楽しむ

旅行先を決める際、行ったことがないからこの場所に行ってみたいという理由で選ばれることが多いですがここ最近では数多くの地域がリピーター獲得に向けた動きを見せています。

商品であれば消費者の満足度を高めることこそリピーター獲得に繋がりますが旅行の場合、ただ満足度を高めるだけではリピーター獲得にはなりません。
旅行先の選択肢が限りなくある以上その地域に満足してしまえば再訪する必要がないからです。
そうでなくても一度行ったことの旅行先を再訪するよりは別の旅行先を訪れた方が楽しめるというのが一般的な考え方です。

しかし特殊なケースもあり、街並みが良い、雰囲気が良いなどと何らかの理由でその地域に特別な感情を抱かせることさえ出来れば再訪率は上がるでしょう。
また、観光名所が多すぎて一度の旅行では回り切れないような地域に関しても全て回ろうとすれば必然的にリピーターはついてきます。
とは言ってもこれらはあくまでも容易にもう一度来れる地域に限定されてしまうでしょう。
遠方だったりアクセスが悪いなどマイナスな面が目立つような地域はもう一度というのは難しいかもしれません。
ただその地域で一定の季節や天候時限定でしか見れないようなものがあるのであれば二度と言わず三度以上訪れるということも十分有り得ますから一概にはそうとは難しいと言えません。

但しどんなに良い旅行先であっても何らかのネガティブな出来事が起こってしまうとリピート率は極端に下がってしまいます。

時間の経過を楽しむ

季節の変化も時間の経過によって楽しむことが出来ますが時間の経過によって楽しむという方法もあります。 ある程度の期間を空ける必要がありますが、どうせ同じ旅行先へ行くのであれば期間を空けて行くと思いますのでこの点に関してはあまり問題ないでしょう。

リピートする訳

旅行先や名所などリピーター率が高い場所に共通する点は何なのか。 有名なスポットを深堀していくことで再度同じ場所を訪れて楽しむ方法が見えてくるかもしれません。 ここではスポットと併せて何がリピーター獲得に繋がっているのか調べていきたいと思います。